ショッピング枠現金化をうまく活用

banner

ショッピング枠を現金化する行為について

よく言われることなのですが、クレジットカードのショッピング枠というのはあくまでも買い物をするためのものであって、現金を引っ張るためのものではない。それって違法ではないのか?という指摘があります。これについては当初グレーゾーンであるという解釈もあったのですが、今では違法論はなりを潜めており、合法であるという認識で運営されています。もし違法性があることであれば、今頃は誰かが摘発の憂き目に遭っているはずです。
しかし、クレジットカード会社としての見解は少々違います。やはり、クレジットカードというものは欲しい商品を買うために使うものであって、その先にある現金を目的に利用することを想定しているものではないということで、現金化用の推奨はしていません。考えて見ればこれは当たり前のことで、それこそクレジットカード会社がこれを推奨するようだと消費者金融業界からクレームがつくでしょうし、法律面でも色々な問題が起きそうです。
ただ、本音はどうなのかと言いますと、カード会社にとっては手数料収入が命なので、ショッピング枠を現金化するためにどんどん利用してくれるというのは、カード会社の手数料収入に結びつきます。それはカード会社の収益を向上する効果があるので、この部分についてはカード会社も「絶対にダメ」とは言い切れない本音があるのかも知れません。
実際のところはどうなのかと言いますと、現金化のために決済ページを利用すると、現金化の業者から何か荷物が届きます。これは何かの冊子や資料のようなものであることが多く、関係のない人にとっては無価値なものです。しかし、この「キャッシュバックつき商品」のやり取りをしないことには、単なる現金化ということで違法になってしまいます。利用者にとっては無価値なものであっても、こうすることによって違法になることを免れているのです。現在の法律が変わるか、業者がこの方法をやめない限りは、この方法で行っていれば違法になることはありません。

Copyright(c) 2013 ショッピング枠現金化をうまく活用 All Rights Reserved.